コンビニグリーンスムージーのダイエット効果なし?成分から検証

コンビニ限定のグリーンスムージーが今大人気!

konbini0

今コンビニ限定のグリーンスムージーが、健康ブームをきっかけに、若者をはじめ健康意識の高い人にとても人気があります。

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンの大手コンビニのPB(プライベート)ブランドをはじめ、清涼飲料水を販売する会社からも独自のグリーンスムージーが販売され、熾烈な販売競争が繰り広げられています。

しかし、実際のところダイエットや健康維持に効果がある飲み物なのか?

実際に大手コンビニの栄養成分を確かめながら飲んで、ダイエットの観点から検証してみることにしました。

すると、「ダイエットには●●!」な驚きの事実が・・・

コンビニ限定のグリーンスムージー3つの特徴

kaze-resipi0

1.チルド飲料
缶や紙パックと違って、製造から流通・販売の過程まで、0度前後のチルド(冷却)状態で管理される加工飲料のこと。

賞味期限は短いものの、飲むときのフレッシュ感があり風味が損なわれにくいメリットがあるいので、手作りのスムージーを飲む体感があります。

2.飲みやすい
コンビニスムージーのほとんどは、口当たりがフルーツ風味のものがほとんどです。

葉野菜の臭いがほとんど感じられず、飲みやすさを重視され開発されています。

3.種類が豊富
コンビニ各社は、独自のPBグリーンスムージーを販売しているので、近くのコンビニを渡りあるけばいろいろな味が楽しめます

野菜ジュースとの違いは3つ

グリーンスムージーと野菜ジュースってなんとなく違いがなさそうに思いますよね。

しかし、大きな違いが3つあります!

  1. グリーンスムージーは葉野菜の栄養素がたっぷり
  2. 食物繊維がふくまれている
  3. クロロフィルがふくまれている

葉野菜がふくまれるメリット
葉野菜の葉の部分には、ダイエット効果や美肌効果がある栄養素がたくさんふくまれています!

簡単にいうと、A・C・E・B群、ミネラル、食物繊維が豊富で栄養のバランスがとても良く理想的なバランス食として飲むメリットがあります。

葉野菜でなぜ?キレイになれるのかもっと詳しく

食物繊維が豊富
野菜ジュースには含まれていない食物繊維は、血糖値の上昇をゆるやかにしたり、腸内環境を整える効果があります。

そのため便通をよくしたりデトックス効果に期待することができます。

クロロフィルが含まれている
葉野菜に含まれるクロロフィル(緑色の色素)は、食物繊維と一緒にとると強力なデトックス効果を生みます。

日々の食生活で体の中に蓄積した毒素を排出してくれる力を持っています。

クロロフィルについてもっと詳しく

さきほどお話しした、チルド飲料という製法も野菜ジュースにはあまり適用されておらず、その点グリーンスムージーはフレッシュ感や風味がそこなわれていないという点では手作りに近い飲み心地があるのも大きな違いといえます。

コンビニのグリーンスムージーのダイエット効果は「ない」!

メリットの多いコンビニのグリーンスムージーですが、デメリットもあります。

それは本来のグリーンスムージーには期待できるダイエット効果についてです。

調子が悪い

コンビニのスムージーは、飲みやすさを重点に開発されているので味は満足度の高いものが多いですが、

ダイエットには天敵ともいえる『糖質』についてはほとんど考えられていないことがわかりました。

結論から言うと・・・

「コンビニ限定のグリーンスムージーはダイエットに向いていない!」

糖質の量が意識されていないものを、毎日飲み続けてもダイエット効果は期待できないのが正直なところ。コンビニスムージーの大きな欠点です。

ダイエット効果を意識するなら糖質は1日60g~80gに抑える

糖質ダイエットの権威で、医師のゆうきゆう先生の著書(P31~32)によると、ダイエットを行う場合1日の糖質摂取量は『1日60g以下』とされています。

tousitu-manga

コンビニのグリーンスムージーは、成分表示によると200mlに対し『20g~30g』ほど含まれている場合がほとんど。

これでは、1日60g以内=1食20g以内で糖質を含むものは、ほかに何も口にできない計算になりますね。

たとえば昼食に、衣や粉がついたおかずや甘めの野菜、お弁当、パンなどを食べるとあっという間に限界値を超えちゃう・・・。

たしかにコンビニスムージーでもドロドロ感があり、腹持ちが多少良いものもありますが、毎日のことになると続けるのが苦痛になってきます。

でも、一食当たりの糖質は10g以下に抑えつつスムージーの栄養素がとることができればダイエットがうまくいくように感じてきませんか?

実際にわたしも、糖質をかなり意識するようになってから体重のコントロールがうまくできるようになっています。

食品の成分表で『糖質』を見破るには【炭水化物】をチェックしよう!

いままで食べ物や飲み物を買う時に、商品の裏面をチェックするクセがついていないってことはありませんよね?!

ビクッとしたら要注意ですよ!糖質って、意外と私たちの周りにはびこっています。

糖質=パン・お米・麺だけと思ったら大間違いです。

糖質の見破り方

まずは商品の裏面『栄養成分表示』をチェックします。これはクセにしてください。

たとえば、(ナチュラル)ローソンのグリーンスムージーの成分表↓

lowson-seibun

一見、『糖質』という文字が見当たらないのでわかりにくいですが、実は『炭水化物』が糖質のことを指しているんです!

炭水化物=糖質+食物繊維

成分表示にといて、『炭水化物』というのは、糖質と食物繊維のことを表します。

なんで一緒になっているのかというと、食物繊維の含有量が極端に少ない場合、「炭水化物と一緒に書いちゃっていいよ~!」というルールがあるんですね。

これはわかりにくい!!

商品によっては、食物繊維が別表記になっていることがありますが、これは相当量の食物繊維が入っているという意味です。

また、糖質自体も別表記になっている場合がありますので、その場合はその分量を見ればよいですね。

つまり、ローソンのグリーンスムージーには、『ほぼ18.8gの糖質』が含まれていて、食物繊維は微々たるものということになります。

コンビニのグリーンスムージーに含まれている糖質量を実際に飲んだレビューと一緒に比較

さて、ここで実際に糖質の量を意識しながらコンビニのグリーンスムージーを買いあさってきたので、レビューを混ぜながらご紹介。

ローソングリーンスムージー

lowson-1

栄養成分表示(200g当たり)
エネルギー80kcal
炭水化物18.8g
たんぱく質0.8g
脂質0.2g
ナトリウム48mg
ローソングリーンスムージーのレビュー
ローソンの限定スムージーは、とっても飲みやすいですね。キウイの味が主体になっていて、グリーンくささはほとんどないのが特徴です。少しとろみはありますが、味はジュースに近い感覚なので、初心者の方でも問題なく飲めます。

ローソングリーンスムージーOff&Plus

lowson2

栄養成分表示(200g当たり)
エネルギー40kcal
炭水化物9.2g=糖質5.8g+食物繊維3.4g
たんぱく質2.4g
脂質0g
食塩相当量0.3g
ローソングリーンスムージーOff&Plusのレビュー
糖質オフというだけあって、確実に普通版よりも甘みは少ない。

その分、気持ち苦味があって、ドロドロ感はあるかも。決して飲みやすいわけではない。糖質制限しているわたしにとっては、むしろこっちの方がいい。味は通常よりはおとるが、美味しい部類に入ると思う。

ファミリーマートグリーンスムージー

famima1

栄養成分表示(200g当たり)
エネルギー88kcal
炭水化物21.2g
たんぱく質0.8g
脂質0g
ナトリウム68mg
ファミリーマートグリーンスムージーのレビュー
味はほとんどリンゴが主体です。少しトロッとしたリンゴジュースに、 後味にすこしグリーン感がある程度でしょうか。

ものすごく飲みやすいので、女性は好きかも。他のコンビニと比べ賞味期限が短いのでその場で飲むのが良いですね。

Dole(ドール) グリーンスムージー Green blend

dole

栄養成分表示(200g当たり)
エネルギー128kcal
炭水化物29.2g
たんぱく質1.2g
脂質0.6g
ナトリウム4mg
カリウム426mg
ビタミンC100mg
Dole(ドール) グリーンスムージーのレビュー
ドールは、ファミリーマートにおいてある印象です。買うときは見た目が濃い色だったので、であまり期待していませんでした。

でも、入っているものがフルーツと、グリーンが一種類なだけに初心者には飲みやすい感じでもしかしたら美味しいかも?と考えが一転!

裏面を見ると甘味料っぽいのが入っていないのがすごくいい!のに、炭水化物多いのが残念・・・。 実際飲んでみるとすごく美味しい。 トロミがあって、バナナが主張してくる感じ。そのあとパインがふんわり香る。ドールだけにこの二種類が主張するかも笑。

バナナ系の飲み物好きなので、美味しかったです。当然ダイエットには不向き!!

アコレ  日本ルナグリーンスムージー

akore

栄養成分表示(200g当たり)
エネルギー84kcal
炭水化物26.9g=糖質20.4g+食物繊維6.3g
たんぱく質0.7g
脂質0g
ナトリウム237mg
フラクトオリゴ糖1.2g
アコレ 日本ルナグリーンスムージーのレビュー
すごく飲みやすい。 サラサラしてて、 フルーティな香りで女子に人気がありそう。

ただ、飲みやすいだけあって甘さが際立ってるのが問題。甘いのがそこまで好きではない自分にとっては甘すぎるほどではないが、 ダイエット観点でいえば糖質量が気になるところ。

KAGOME 野菜生活100 グリーンスムージーmix

kagome1

栄養成分表示(330g当たり)
エネルギー139kcal
炭水化物35.6g=糖質31.8g+食物繊維3.8g
たんぱく質1.0g
脂質0g
食塩相当量0~0.5mg
カリウム550mg
カルシウム48mg
ビタミンK0~4μg
葉酸1~13μg
かごめ 野菜生活100グリーンスムージーmixのレビュー
野菜ジュースを飲む習慣がないわたしにとっては、野菜ジュースは飲まず嫌いのたぐい。

あまりイメージ的にはおいしそうには思えませんでした。 しかし飲んでみると、スッキリしている味。感覚としては、リンゴがつよいかなー。

しかし、酸味もしっかりあり、他の野菜感も強い。トロッとしていて、容量は他のスムージーと比べて330mlと多めなので腹持ちは良い感じ。コンビニで無添加で、葉酸もふくまれているスムージーが手に入るので、妊婦さんには嬉しいですね。 

KAGOME 無添加100% グリーンスムージー

kagome2

栄養成分表示(210ml当たり)
エネルギー93kcal
炭水化物23.2g=糖質21.5g+食物繊維1.7g
たんぱく質0.9g
脂質0g
ナトリウム15~63mg
カリウム430mg
ビタミンC5~21mg
ビタミンK1~32μg
かごめ 無添加100%グリーンスムージーのレビュー
グッと鼻に付く青臭い匂いが。。。

基本フルーツベースの酸っぱさ。 飲みやすいけど、酸っぱさが苦手だった。あらごしで、飲んでる感はあるので腹持ちは多少あるかも。添加物ないので、内容的には本物のグリーンスムージー。良薬口に苦しですかね。

コンビニのグリーンスムージーは単価が高く、糖質は多いのが現状

成分表の糖質を比較してみると、コンビニのスムージーはずいぶん糖質が多いですね。。。

これではハッキリいって、痩せるどころか太っちゃうかもしれないレベルです。

商品名価格糖質量
ローソングリーンスムージー178円18.8g
ローソングリーンスムージーOff&Plus198円05.8g
ファミマグリーンスムージー178円21.2g
Doleグリーンスムージー192円29.2g
アコレ グリーンスムージー183円20.4g
かごめ野菜生活グリーンスムージー178円31.8g
かごめ無添加100%グリーンスムージー213円21.5g

セーフの範囲内は、ローソンのOff&Plusシリーズのものですかね。

糖質が5.8gでカロリーも40kcalですからこれならダイエットにも影響はなさそうです。

わたしもお昼は、家からスムージーを持っていけなかったときは、ローソンのOff&Plusのグリーンスムージーと、糖質オフシリーズの『ハムとチーズのロールケーキパン』でコンビニ食として済ますことがありますよ。※写真の時は蒸ケーキでした♪

konbinisyoku

ただ、ローソンの糖質オフのスムージーは、1食200円しますのでこれだと一か月続けるとなると・・・出費がかさむのが問題ですね(泣

今回いろいろ飲んでみて、やっぱり安くて糖質の量もすくない粉末タイプのグリーンスムージーが一番だと思いました。

コンビニ限定グリーンスムージーのまとめ

コンビニのスムージーはすごく飲みやすくて、美味しいものが多いのは事実です。

ただし、その美味しさだけに惑わされていると、グリーンスムージーを飲む本来の意味(ダイエットだったり健康維持や美容のために)を見失ってしまうかもしれません。

とくに、女性の場合は体重コントロールで飲んでいる方が多いはず。

そのためにも、必ず毎日の糖質量を意識してみてはいかがでしょうか?

ダイエット目的でグリーンスムージーを飲んでいる人たちは、まずコンビニのグリーンスムージーは飲みません。

意識が高い人は、粉末タイプからはじめている人が多いですよ!

今日からさっそくあなたもはじめてみてはいかがですか?

よろしければ、みんなに人気の粉末タイプのグリーンスムージーをチェックしてみてください。